梨 ギフト
最高品質の梨をみなさまに
◇電話でのお問い合わせ◇
047−491−0837(宇賀)
メール
nanaya■nashishiroi.com (■を@に変えて)

〜七弥果園の歴史〜

なし 千葉 梨

梨を始めて間もない頃
お手伝いさん(後列中央2人)と家族写真(クリックで拡大)



七弥果園はうちのじーさん
宇賀良道がそれまでの農業をやめ、新しい『 梨』の栽培に転換したところから始まる。


『七弥』という名前は、じーさんの父親が『弥助』という名前で、 当時ここが『七次村(ななつぎむら)』であったことに由来する。
(そのあと周辺の村で合併され白井町(しろいまち)になり、今は白井市になっている)
梨 ギフト

    そして現在


当初は梨の種類も今と違って 長十郎を主に栽培していました。
(今食べてみてもこれはこれで美味しいです。甘さスッキリさっぱり そして歯ごたえ)


近年うちでは幸水、豊水、かおり、新高を栽培、 出荷、販売しています。


当時、七弥果園で一番最初に植えた木は 家の前の畑のほぼ中央にまだ健在しています。

梨 千葉  ギフト

唯一残る創業当初の木(クリックで拡大)

木にも寿命があって元気に実をならせるのは
よくてせいぜい10年目〜30年目程度。


その間も枝単位でメンテナンスはするんですが木全体が衰えてきたら順次植え替えになるので古い木はどんどん少なくなります。


近年は新しい品種も多いので世代交代はさらに早くなる傾向にあります。


梨 白井 ギフト

この石碑も大正くらいの風格(クリックで拡大)

家の前の畑にある、畑になる前からあったらしい何やらありがたい石碑。


石碑には『水神宮』と掘られていて昔ここに水にまつわる何かがあったことを伺わせる。

梨 ギフト

年代物の段ボールホチキス

白井の梨

最近のエアーステイプラー

白井の梨

壊れても大丈夫 頑強な昭和の名品

梨 通販 オススメ

一家に1台。当初は最新型の測り